パナソニック脱毛器の光エステ

「ケノンの家庭用脱毛器」と「パナソニックの光エステ」を比較対決

お手入れに掛かる時間対決

△DRAW パナソニックの光エステ
お手入れの周期は部位によって異なります。腕と脚は、最初の2ヶ月は2週間に1回程度行います。3ヶ月目以降は4週間に1回程度が目安となっています。

ワキとビキニラインは、最初の2ヶ月は週に1回、3ヶ月目以降は2週間に1回が目安となっています。最初の内は頻繁にお手入れをする必要があり、周期によってお手入れのペースも違うので少しややこしいです。

お手入れの時間は、両腕で約5分、両脚で約10分、両脇は約2分、ビキニラインは約2分です。(※毛量やお手入れ箇所の面積、使用方法などで多少異なる場合があります)ケノンに比べると大分スピーディーにお手入れすることができます。

△DRAW ケノン
ケノンは約2週間の間隔でお手入れすることを推奨しています。脱毛部位や毛量、毛の太さ、性別によってそれぞれ最適な頻度があるようです。

やVIOラインなど皮膚が薄く敏感な部位は、2週間から3週間位に頻度を抑えた方が良さそうです。但し、男性の濃いヒゲは間隔を10日程度にする方が良いみたいです。ケノンの方が脱毛の間隔が長いので、頻繁にお手入れをする必要がありません。

お手入れの時間は毛量や照射レベルによって異なりますが、片腕で約10分、片脚で約20分と、パナソニックの光エステに比べると時間が掛かるようです。

機能対決

◯WIN ケノン
脱毛だけでなく、カートリッジを付け替えると肌荒れやシミ、くすみなどに効果的な美顔機能を使用することもできます。

1カートリッジの照射回数は約20万発、自動照射モードを搭載しているので誰でも簡単に使用することができ、モード変更時に鳴る電子音をミュートにできる機能が付いています。また、本体のフタ裏側は鏡仕様になっているので、鏡を見ながら照射することも可能です。

照射レベルは超敏感肌の方から普通肌の方まで使用できるように1〜10段階に調整することができます。コードレスではありませんが、照射回数の上限が多いことや自動照射モードが搭載されているなど、総合的にみると機能性はケノンの方が優れていると言えるでしょう。

×LOSE パナソニックの光脱毛
光ケア(フラッシュ)でムダ毛を目立ちにくくすることだけでなく、キメ感のある明るい素肌へと導いてくれる美肌ケアを行うこともできます。

また、毛質や肌質に合わせて光のレベルを調整できるように5段階の出力レベルが設けてあります。ランプカートリッジの交換は不要で、ランプは約10万発の寿命があります。

AC100〜240V電源対応なので海外での使用が可能となっています。充電は約3時間、フル充電の状態だと約600発照射することができます。コードレスなので、充電さえしておけばどこにでも持ち運んで使用することができます。

ランプカートリッジの交換は不要ですがランプには寿命があり、その寿命は約10万発とケノンのカートリッジの半分以下しか使用することができません。

スペック対決

◯WIN ケノン

本体の寸法 縦28.5×横21.5×高さ9センチ、ハンドピースは14×6.5センチ
本体質量 1.6kg
照射範囲 7平方センチ
本体カラー シャインピンク・シャンパンゴールド・パールホワイト・艶消しブラックの4色
生産国 日本

本体自体はサイズが大きく重量もありますが、ハンドピースは手のひらに収まるコンパクトサイズです。また、カラーが豊富で好みのものを選べる点や、インテリアの邪魔にならないデザインなどもポイントが高いです。

×LOSE パナソニックの光エステ

本体の寸法 高さ21.3×幅6.9×奥行4.4センチ(ボディ用アタッチメント装着時)
本体質量 約350g
照射範囲 5.4平方センチ
本体カラー ボディ&フェイス用は白基調の本体にピンクのラインが入っている。ボディ用は白基調の本体にシルバーのラインが入っている。
生産国 本体は日本、ACアダプターは中国

ケノンに比べパナソニックの光エステは、手のひらには収まりきらないサイズ感なのでコンパクトさでは劣ります。サイズの割に照射範囲が狭いのが残念です。

しかし、重さは軽いので大きさの割には扱いやすいです。カラーはボディ&フェイス用とフェイス用ともに1種類しかないので選択の余地はありません。

お手入れ可能部位対決

◯WIN ケノン
顔・ワキ・背中・お腹・乳輪周り・胸・へそ周り・腕・手の甲・手の指・脚・足の甲・足の指・Vラインと広範囲の脱毛が可能です。IラインやOラインの脱毛はメーカー側が推奨していませんが、自己責任でトライしているユーザーもいるようです。ケノン1台あれば全身脱毛が可能です!

×LOSE パナソニックの光エステ
腕・脚・ワキ・ビキニライン・顔のお手入れが可能です。口コミを見るとこれらの部位以外にも使用しているユーザーがいるようですが、トラブルが起きてもメーカー側は保障をしてくれないので注意しましょう。ケノンに比べると使用できる部位がかなり少ないですね。

価格対決

◯WIN パナソニックの光エステ
ボディ&フェイス用の光エステES-WH93は、オープン価格となっており33,899円〜47,140円が相場となっています。ボディ用のみのES-WH83は30,413円〜42,800円が相場となっています。価格においてはパナソニックの光エステの方が安いです。

×LOSE ケノン
メーカー希望小売価格は99,000円ですが、時期によっては公式サイトでお得に購入することができるようです。2016年6月13日時点では、送料・代引手数料無料に加えて付属品やカートリッジ3個がセットになって69,990円と破格の価格設定で販売されています。それでもパナソニックの光エステに比べると手が出しにくい価格です。

脱毛の仕組みと効果対決

◯WIN ケノン
使い方は、まず気になるムダ毛を剃り、保冷剤やアイスノンで脱毛部位を冷やしてから照射します。黒い部分に反応して光を照射する、エステなどで導入されているフラッシュ脱毛と同じ仕組みです。

光のパワーは家庭用では最大級なので、付属のサングラスを使用して目の保護をする必要があります。使い続ければ徐々にムダ毛が減っていき、使用開始から1年位で生えてこなくなります。(個人差あり)

脱毛サロンでも脱毛終了までに2年近くは掛かるので、そう考えるとケノンの効果は凄いと言えますね!

×LOSE パナソニックの光エステ
脱毛部分をシェーバーで除毛し、光エステの出力レベルを設定したあと、ピッと音が鳴ったら肌に光エステを垂直に押し当てます。

パナソニックの光エステもフラッシュ脱毛と同じ仕組みですが、ケノンに比べると出力のパワーは弱く、脱毛というよりは毛量が減ったり毛が細くなったりしてムダ毛を目立なくさせる効果が期待できます。確実に脱毛をしたい人にはちょっと物足りないですが、光エステの効果は高く、肌のキメが整いスベスベの肌へと生まれ変わります。

痛み対決

◯WIN パナソニックの光エステ
レベル3程度までなら少し温かみを感じるだけで痛みはありません。最高レベル5となると、ゴムで弾かれたようなパチっとした痛みを感じますが我慢できる程度の痛みです。また、毛が濃い部分も痛みを感じやすいですが、全体的にそこまで痛みは気になりません。

×LOSE ケノン
照射レベルが強力なので、レベル10で毛が濃い部分に使用するとゴムで弾かれたような痛みや熱さを感じます。肌が弱い人や敏感な人は、はじめは照射レベルを抑えて使用するようにしましょう。

保冷剤などで脱毛部位をしっかり冷やしてから脱毛すると、痛みや赤みを抑えることができます。照射レベルが強力なので、部位によってはパナソニックの光エステより痛みを感じます。冷却をすれば痛みは殆ど感じませんが、少し手間なのがネックです。

まとめ:パナソニックの光エステとケノン、家庭用脱毛器はどちらがいいのか?

肌の露出が増える夏に向けてムダ毛処理は必須です。でも、脱毛サロンや医療脱毛はお金が掛かるし通うのが大変ですよね。そんな人にオススメなのが家庭用脱毛器です。今回は2016年5月にリニューアルされた「パナソニックの光エステ」と、通販サイトで売上・人気ナンバーワンの「ケノン」を比較しました。

脱毛器に求めるものと言えば、やはり効果ですよね。効果としては断トツでケノンの方が優秀です。脱毛サロン以上のスピードで脱毛サロン並の脱毛効果を得られます。使用し続けるとムダ毛が生えて来なくなるので、ムダ毛のない肌を目指すならケノンでしょう!

効果に比例するように価格も高いのですが、購入時期によっては割引があったりカートリッジが付いてきたりとお得に購入することができます。照射回数の寿命もケノンの方が倍以上多く、コストパフォーマンスはケノンの方が圧倒的に良いと言えます。

痛みに関しても、冷却しながら使用すればケノンでも痛みを感じませんし、多少痛みがある方が効いている感じもします。ケノンにも美顔機能があるので、脱毛をしながらお肌をスベスベにすることだってできます。

以上の比較内容から、脱毛と美肌の効果を確実に実感したいのであれば、家庭用脱毛器はケノンを使用した方がいいということが分かりました。パナソニックの光エステも、リニューアル前に比べると機能と効果がアップしましたが、それでもまだまだケノンの方が家庭用脱毛器としてはレベルが上でしょう。

脱毛器ソイエを購入してみた感想

わたしは今年23歳になる、専業主婦です。主人と2歳になる息子の三人家族です。無駄毛には幼いころから悩まされてきました。

わたしは物心ついたころから自分が毛深いと感じ、とても悩んでいました。わたしの手足には固い体毛がびっしり生えていて、背中やお腹も体毛が見て取れるほどびっしりと生えていました。

体毛の濃さは本当にわたしの心を虫食み、わたしは消極的な女の子へとなっていきました。

それを知った両親は、将来必ず綺麗にしてあげるからと約束してくれました。わたしはその約束だけを心の頼みにして、毎日みんなから浴びせられる視線に耐えていたようなものでした。

わたしは将来、人の目に見えるところだけは綺麗にしてほしいと親に頼み込みました。それは、腕、手の甲、すね、太もも、首の後ろ、眉の間です。

そしてわたしは中学生になり、すぐに脱毛器を購入してもらいました。わたしが購入してもらったのは、パナソニックのソイエという機種です。

これを選んだ理由は、やはり剃刀で剃っているとプツプツと黒い剃り跡が恥ずかしいし、ちゃんと脱毛してくれる器具が欲しかったのと、パナソニックの脱毛器はとても良い、綺麗に抜けて痛くない、と電気屋さんで勧められたからです。

このソイエを実際に使ってみて、良かったと思う点は、いくつかあります。

まず、多少の痛みはありますが、きちんと毛が抜かれて、そのあとがポツポツと赤くならない点です。わたしは全身が赤いポツポツまみれになるのではとかなり心配していたのですが、それは無用な心配でした。

抜けた直後は赤くなりますが、1時間もすれば綺麗なつるつるの肌になります。

そして、痛みが少ない点も良かったところです。脱毛器でわたしの剛毛な体毛を抜く場合、相当な痛みがあると覚悟していました。それが全身なので、どれだけの痛みに耐えればいいんだろう…と不安になったものですが、これも、痛みはありますが耐えられない痛みではありませんでした。

ちょっと痛いなと思う程度で、脱毛が続けられなくなるような痛みではありません。わたしの濃くて太い体毛でもこの程度なのですから、普通の体毛の方には痛みはないのかもしれません。

その他良かった点は、形状が小さいので、持ち運びに便利だなと感じたことです。ちょっとした旅行にも、ポーチにさっと入る大きさなので、便利でした。私の体毛は定期的に抜いてあげないといけないくらいの濃さだったので、いつでもどこでも持ち運べる大きさなのは有難かったです。

実際に使ってみてイマイチだなと思ったところは、とにかく脱毛中の音でした。まるで芝刈りをしているみたいな大きな音がするので、夜使うときは下で寝ている両親に気を使いました。この音には最初閉口しました。こんなに大きな音がするのか!とビックリしたほどです。

そのほかに気になった点は、専用のポーチとかがついてなかったので、それはちょっと不便でした。自分で適当なポーチを購入して、しまうようにしています。

あとは、充電式ではないので、コードが少し邪魔ではあります。もし将来的に充電式のものが発売されたら、購入したいなと思うくらいにコードは邪魔です。

脱毛する前のわたしは、毎日手足を剃っていて、それがとても面倒で負担でした。いくら剃って綺麗にしても、自分は毛深い、女のくせに手の指にまで剛毛が生えている…と自分にまったく自信が持てなかったです。

それは男性とか恋愛に対して臆病になるだけではなく、女の子同士の付き合いでも消極的になるほどでした。みんなから自分の体毛の濃さを笑われているような錯覚を持ったことすらありました。

小学生のころから毎晩お風呂で手足を剃り続けてきましたが、いくら剃っても生えてくる体毛のせいでノイローゼになりそうなほどでした。

わたしは脱毛器を購入して、なんでこんなに素晴らしい器具を早く買わなかったんだろう!と感激しました。その脱毛能力のすごさに感動して、購入した日は一日かけて手足の脱毛をしました。

自分の手足がうっとりするくらいつるつるになって、わたしは胸が高鳴りました。こんな手足を手に入れられるなんて!と涙すら出そうな自分がいました。

実際に脱毛器を使うようになって、わたしは自分に自信が持てるようになりました。いままでは自分は醜い、と思っていましたが、脱毛さえしてしまえば、普通の女の子と変わりはないんだと思えるようになりました。

恋にも積極的になり、いまの主人と出会うことも出来ました。主人にはわたしが毛深いことを知らせてはいますが、主人はそれを全然気にしていないようです。毎日お手入れをしているので、毛深いことが実感として持てないからかもしれません。

これから脱毛器を購入しようかと考えている方へは、絶対購入した方がいいと断言してしまうほど、おススメです。

なぜなら、体毛のせいで暗い気持ちになりがちだったわたしは、脱毛器のおかげで、まるで地獄から天国へ行けたような生活の変化があったからです。

気持ちも本当に明るくなれましたし、なにより、自分の手足がつるつるで、見ていて本当に幸せです。あんなに悩んでいたのがバカバカしいとすら思います。

ぜひ脱毛器を購入して、この気持ちを味わってほしいです。

運営者プロフィール
ちはる画像
名前 ちはる
性別 女性
自己紹介 当サイトの担当者。中学のときからすね毛が濃くて悩み続ける日々。脱毛器との出会いは私の人生を変えるキッカケとなりました(^_^)